au タブレットプラン ds(3年契約/L)を解約。契約解除前後の流れと、36ヶ月目で解約したときの使用料金についてのご紹介。

au タブレットプラン ds(3年契約/L)を解約。 アイキャッチ PCスマホ

どうも、またざ(@mata011z)です。

2016年10月からauのタブレットプラン ds(3年契約/L)を契約してiPad mini 4を使い、その後2018年11月にiPad(第6世代)に機種変更をしました。

そして2019年9月に入り、36ヶ月目となったので3ヶ月間の更新期間を迎えました。

このまま契約を継続しようか迷っていましたが、10月に改正電気通信事業法による料金などに対する規制強化や消費税増税があるので、これを機会にタブレットプランds(3年契約/L)を解約することにしました。

そこで今回はau タブレットプラン ds(3年契約/L)の解約前後の流れと解約月の使用料金について、ご紹介します。


スポンサーリンク

au タブレットプラン ds(3年契約)について

私が契約していたのは月額2,000円(税抜)で、スマホの月間データ容量を共有するお手軽プランなセットプランです。

契約期間は3年。36ヶ月を含めた3ヶ月間の初回更新期間で、廃止の申し出がない場合は2年単位での自動更新になります。

解約前の確認

解約の申し込みする前に契約解除料やタブレット本体の分割支払金残額(残債)の確認、解約後格安SIMを使うのであればSIMロック解除をやっておくと解約がスムーズにいきます。

契約解除料

36ヶ月目を含めた3ヶ月間の更新期間であれば、契約解除料は不要です。それ以外の期間であれば違約金と言われる契約解除料9,900円が掛かるので注意が必要です。

iPad本体料金の残債

auでiPadの契約したとき本体を分割で購入している場合は、分割払いの残金(残債)があることがあります。

iPad(第6世代)32GB 1,080円 × 36ヶ月から毎月割 1,080円 × 36ヶ月を引き実質0円としている場合、解約後は毎月割が適用されなくなります。

もし契約期間が残っている場合は、iPad本体料金の残りの分割支払金残額も支払う必要がでてきます。

分割支払金残額を確認する方法はこちら…auスマートフォン・携帯電話の「分割支払金残額」を確認したい(au機器代金) | よくあるご質問 | サポート | au

解約時に残債がある場合は解約後に一括で支払うか、分割払いを継続するか選択することができます。

SIMロック解除

後日格安SIM(MVNO)でタブレットを利用したい場合は、電話番号などの情報を記録したICカード(SIMカード)のロックを解除する必要があります。

機種購入日から101日目以降もしくは一括払いで購入していればSIMロックを解除することができます。

SIMロック解除のお手続きについてはこちら…SIMロック解除のお手続き | スマートフォン・携帯電話をご利用の方 | au

解約方法

契約解除料、分割支払金残額の確認、SIMロック解除ができたらタブレットプラン ds(3年契約/L)を解約します。

解約はauショップ

インターネット上では解約の手続きをすることはできないので、auショップ(店舗)で手続きをします。

解約手続きに必要なもの

印鑑、本人確認書類(運転免許、健康保険証、パスポート)、解約するiPad本体が必要です。

iPadに紐づけられている電話番号をメモしたり、覚えておいたりしておくと手続きをスムーズに進めることができます。

iPadの電話番号の確認方法はこちら…自分のauスマートフォン・携帯電話の電話番号を確認したい | よくあるご質問 | サポート | au

解約月は日割り計算

auショップの店員さんによるとタブレットプラン ds(3年契約/L)を解約した月の請求額は、毎月割なしの日割りで計算となるそうです。

まだ確定ではないので請求書があがってきたら画像を載せる予定ですが、事実であれば解約は月初が良さそうです。

解約後は格安SIM、Wi-Fi、WiMAXで活用

タブレットプラン ds(3年契約/L)を解約しても、iPad本体は残るのでネット回線に繋ぐことは可能です。

  • 外出先でも4G回線が利用できる格安SIM
  • 自宅や外出先でWi-Fi利用
  • 外出先でもWi-Fiが利用できるWiMAX

auで契約したときは容量を共有していたので、容量を気にする必要がありましたが、上記のネット回線であれば容量を気にせずにインターネットを快適に利用することができます。

感想・まとめ

スマホの月間容量を共有しながら安くiPadを使っていましたが、法律が改正されたり増税が控えたりしていたので、思い切って解約をしました。

しかしiPadは手元に残るので、今後はauのタブレットプラン ds(3年契約/L)よりも安く快適に使っていきたいと思います。

もしタブレットプラン ds(3年契約/L)を使っていて、更新期間に入っているのであれば、解約を1つの選択肢として検討してみてくださいね。

スポンサーリンク