雪が降りしきる中、伊勢神宮の内宮へ参拝してきました。

正宮 旅行

昨日(1月14日)に伊勢神宮の外宮と内宮を参拝した後に志摩市のホテルに宿泊しました。志摩市といえば去年の5月に、伊勢志摩サミットが行われた場所で有名となり、各首脳へのディナーでも、志摩市特産の伊勢海老やあおさを使った料理が振舞われてました。

今回泊まったホテルでも海の幸が豊富の志摩市ならではの夕食で、伊勢海老や栄螺(さざえ)を食べることができ、旅館に泊まる前に訪れた伊勢神宮の内宮も雪の影響か、例年よりも人が少なく参拝もスムーズに行うことができました。


スポンサーリンク

皇大神宮(内宮)

伊勢神宮の皇大神宮(内宮)には、皇族方の祖先で我々日本国民の総氏神様にあたる天照大御神様が鎮座されています。そんな内宮の敷地面積はなんと約93ヘクタール!! 東京ドーム20個分もあります。今回は1時間くらいかかりました。

宇治橋

宇治橋

五十鈴川に掛かっている内宮入り口の桟橋で、右側通行になっています。自分が訪問した時期を含めて11月下旬から1月下旬にかけては、宇治橋の大鳥居からは美しい日の出を見ることができるそうです。まだ一度も見たことがありません…

他にも西側に並ぶ擬宝珠(ぎぼし)のうち、入り口の大鳥居から数えて2つ目に宇治橋の鎮守神饗土橋姫神社のお札が収められています。参拝者の帰りの安全を祈願しているそうなので、参拝後宇治橋を渡って帰るときは是非触れていきましょう。

五十鈴川御手洗場(手水舎)

五十鈴川御手洗場

参道を歩いていると手と口を清める手水舎が見えてくると思いますが、ちょっと待ってください。火除橋を渡って鳥居を潜り、少し歩くと分かれ道があります。右に歩いて行くと石畳と五十鈴川が見えてきます。ここが五十鈴川御手洗場という、むかし手と口を洗う場となっていたところです。

一昔前、神宮への参拝者はきれいな五十鈴川の水で、手と口をすすぎ心身を清め参拝に向かいました。今でこそ多くの神社に行くと手水舎で手と口を清めますが、昔ながらの清め方ができるのは神宮だけなのでおすすめです。

滝祭神

実は見逃しやすい伊勢神宮に行ったら参拝しておきたい神様がいる社です。皇大神宮(内宮)のご祭神天照大御神様に取り次いでくれる神様です。そのため御正宮参拝前に「◯◯と言います。◯◯から天照大御神様に参拝しにきました。」という感じで、名前と住所をお伝えしてします。

場所は五十鈴川御手洗場から戻る時、大きな参道へ戻るのではなく、左にある細い道を歩いて行くとすぐに見えてきます。

御正宮

正宮

いよいよ内宮の御正宮です。ここ御正宮は個人的なお願い事をする場所ではないと言われています。一年無事で過ごせたことと、ここ神宮にお招き頂いたことなど感謝をして下さい。

御垣内参拝の受付は鳥居をくぐった左にあります。そこで特別参拝章を見せて県名と名前を記帳します。神職の方からお祓いを受け、案内に従って御垣内へ入り二礼二拍手一礼して感謝を伝えます。

荒祭宮

天照大御神様の荒魂をお祀りしている荒祭宮を参拝します。ここで失礼がないように、自分が成し得たいお願い事をお願いしましょう。

荒御魂は神様の荒々しい一面と同時に創造の力も持ち合わせています。創造の力は即ち何か新たらしいことを成し得たいという力が発生するので、ここでお願いことを伝えるという訳ですね。

風日祈宮

御正宮と荒祭宮の参拝終わり、メインの参道へ戻って帰路と行きたいところですが、もう一つだけ寄っていただきたい場所があります。それは風日祈宮橋の南側に鎮座する、別宮風日祈宮です。

ここには風雨を司る神様の級長津彦命と級長戸辺命が祀られています。鎌倉時代に中国大陸から元寇が2度に渡り襲来してきました。その時強風が起り、襲来した10万の兵を全滅させたそうです。

場所はメインの参道を歩き右手に神楽殿や授受所見えてくると、左手に分かれ道(石階段)があります。そこを歩いて行くと五十鈴川に架かる橋が見えてきます。ぜひ訪れてみて下さい。

内宮参拝後はおはらい町へ

内宮の参拝を終えたら、側にあるレトロな街並みが魅力なおはらい町を歩いてきました。今回は外宮参道でお昼ご飯を食べているので、小腹を満たすために一軒だけ寄って軽く食べてきました。

はちみつ屋 松治郎の舗 伊勢おはらい町店

ハチミツ!?前々回の記事の続き!?と思った方がいらっしゃると思います。実は今回の旅行中、喉が痛くいつも寄る牡蠣が食べれるお店とか松阪牛の串焼きが食べれるお店にも目もくれずにいました。でも伊勢にハチミツのお店!?と見たときはもう商品を買っていました。

はちみつポテトとゆずハチミツ

購入したのは「はちみつポテトとゆずはちみつジュース」です。これがまた美味しかったです。特にお芋!!外はカリッとしていて、はちみつも甘さ加減がちょうど良かったです。

実は参拝した日はとても寒かったので、セットのゆずはちみつジュースの暖かさで温まることができ、痛かった喉も和らぎました。寒い日や乾燥して喉の調子が良くない人にオススメです。

置きながら食べていましたが、実はこの台の下に西洋ミツバチの巣箱があるんです。ハチ嫌いな自分ですがミツバチだけはハチの中でも好きなので大丈夫でしたが、通るお客さんは「おはらい町にハチの巣!?」とけっこう驚かれていました。

感想

2日間にわたって伊勢神宮への参拝記事を書いてみましたが、如何だったでしょうか⁉︎

昔のキャッチコピーは「一生に一度はお伊勢参り」今では「一年に一度はお伊勢参り」となっています。広告のキャッチコピーですが、自分は「感謝と決意はもちろん。伊勢志摩の美味しいものを食べに行こう」などと考えて毎年必ず参拝します。

今回は近鉄の「伊勢神宮初詣割引きっぷ」を使っていきましたが、様々な旅行会社から色々なプランが出ていますので、もし伊勢神宮に訪れたことのないようでしたら、今年訪れてみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク