靴下の開発秘話がとてもすごい!!無印良品の直角靴下を3足購入しました。

ソックス3足 ファッション

ミニマリストのようなシンプルでスマートな生活を行うべく、まずはスーツのローテーションと革靴のローテーションを完成させました。次は靴下をローテーション化しようと会社帰りに無印良品に行ってみると直角靴下が3足で税込990円!!、かなりお得だったので購入しました。

早速昨日履いて1日過ごしてきましたので、足なり直角靴下を購入するまでの経緯を含めて感想を書いてみたいと思います。


スポンサーリンク

足なり直角靴下を購入するまで

直角靴下のいいとろ

靴下の履き心地

足なり直角靴下は2006年からあるそうでです。一般的な靴下は「くの字」に曲がったあの形ですが、無印良品の直角靴下の特集ページをを読んでいると、靴下の開発についての思いが取れます。

読んみると直角の靴下だと足の形状と同じなのでかかとにフィットしてズレ落ちない。靴下の履き口の締め付けを緩くすることができるので、長時間使用できるので心地よい靴下となるらしいです。

靴下一つ取っても開発秘話をすごい無印良品に感動しました。

参考:http://www.muji.net/lab/project/socks/

ビジネスにもあう靴下

靴下

週5日会社へ通うので靴下も革靴同様重要視したいところです。無印良品の靴下はビジネスソックスとしての履きやすさや、店舗が通勤の動線上にあること、価格のお手頃さ、サイズ感とベストな選択ではないかと思い購入しました。

カラーは3種類あるけど、全て同じ色を購入

ソックス3足

購入したのは「足なり直角 ペルー綿混リブ靴下(紳士・選べる)24〜26cm」のチェコールグレー。足のサイズは25cmなのでサイズ幅はベストです。3足とも同じ色にした理由は洗濯した後に靴下がバラバラに別れた時、どのペアでも問題なく履けるので便利。また片一方の靴下に穴が空いた時も、両方捨てる必要がなく、少し得した気分になるからです。

また自分も含め家族と暮らしている人は、父と子の靴下が混在する場合にも「自分の靴下の色はグレーだよ」と伝えておくだけで迷子にならずにすみます。

素材と織り方

素材

オーガニックコットン洗いざしオックスボタンダウンシャツといい無印良品はコットン(綿)の商品があるのでいいですよね。この靴下はゴムの部分が多いのでコットン比率は50%ですが、ペルーで収穫した綿を使っているところが好きです。

靴下の織り方も手編みを真似ているところも他の靴下と違うところです。この話も直角靴下の特集ページで載っていますよ。

履いてみた感想

履いた時の写真

足を入れる時、かかとの部分が直角なので入れにくいかなと思いましたが、すんなり履けました。確かに、かかとの部分が130°の靴下と違いフィットして気持ちがいいです。

無印良品の直角靴下特集ページ通り、かかとの部分が直角になると確かにズレにくいです。また生地の余りが他の靴下と比べてあまりありません。他の靴下は靴の中で靴下がズレ上がり、見苦しい格好になっていたことがよくありました。でもこの靴下に変えてからは、それがなくなりストレスから解放されました。これは嬉しいことです。

まとめ

開発秘話を読んだ後に履いてみると実感がすごく分かりました。履き心地がまるで違います。まず歩いた時にかかとから靴下がズレない。ズレないので吐き口のゴムをゆるく設計することができる。吐き口の締め付けも緩いので足が楽です。

今では靴下3点購入で 税込990円なので、お手頃なのもいいですよね。シンプルな形の中に色々な思いが詰まっている無印良品の直角靴下、かなりいいと思いますよ。

スポンサーリンク