車検見積もりを、ディーラーと楽天車検経由のエネオスで出してもらいました。

エアウェイブ

自動車保有第1位の愛知県。産業構造においても世界企業のトヨタ自動車を筆頭に自動車部品関連会社がいくつもあります。今の職場に勤める前は、自動車部品を作るための機械を設計製作する会社にいました。

自分もフィットをベースにしたステーションワゴン、平成18年式ホンダのエアウェイブを所有しています。エアウェイブを購入した理由は、毎年自転車の大会にロードバイクを車載していくためです。

車で一番お金のかかるのが車検ですよね。ディーラーで受けようか、ユーザー車検にしようか、それとも…と色々悩んで、ディーラーとエネオスで見積もりを出してもらいました。


スポンサーリンク

車検について

厳密には「自動車検査登録制度」のことで、一般的に「車検」と呼ぶそうです。

自動車検査登録制度(じどうしゃけんさとうろくせいど)とは、日本でミニカー・小型特殊自動車を除く自動車や排気量250cc超の自動二輪車に対して保安基準に適合しているかを確認するため一定期間ごとに国土交通省が検査を行い、また自動車の所有権を公証するために登録する制度をいう。一般には車検(しゃけん)と呼ばれる。

参考:Wikipedia(https://ja.wikipedia.org/wiki/自動車検査登録制度

また車検は調べてみると受ける場所や方法によって費用や品質が異なんです。簡単にですがまとめてみました。

ユーザー車検

自分で陸運支局に出向き、書類の作成から検査まですべて自分で行います。車の整備や車検の流れの知識が必要で、平日の日中に時間を取る必要があります。

ディーラー車検

自動車メーカー系列の販売会社(ディーラー)で受ける車検です。メーカーのブランドを背負っているので設備、技術レベルともに信頼性が高いのがメリット。しかし他の車検と比べると価格は割高です。

ガソリンスタンド車検

自宅近くや通勤途中などにガソリンスタンドがいくつもあると思います。ガソリンスタンドでも最近は手軽で受けることができ、しかも比較的価格も低く抑えることができます。

他にも民間整備工場カー用品店などで受けることができます。

ディーラーでの見積もり

車検の見積もり

11月22日に車の整備でお世話になっている自動車販売会社(ディーラー)に車検の見積もりをしてもらってきました。

車検基本料と法定費用の内訳

保安確認検査料9,100円
24ヶ月定期点検整備費用18,140円
検査代行手数料12,420円
重量税24,600円
自賠責保険料27,840円
印紙代1,100円
合計93,200円

保安確認検査料+24ヶ月定期点検整備費用+検査代行手数料が車検基本料となり、重量税+自賠責保険料+印紙代が法定費用となります。

法定費用は法律で定められた費用なので、どこで車検で受けたとしても同額のため、節約することはできません。もし節約をするとすれば各車検ごとに違う車検基本料となります。

オススメの手入れや交換した方がいい部品

部品・油脂代技術料
下廻りスチーム洗浄5,400円
下廻り錆止め塗装5,400円
エンジン洗浄剤補充3,024円
Fuelトリートメント補充3,240円
オイル添加剤補充3,024円
クーラントサプリメント補充3,240円
ブレーキパッドの交換10,260円
シリンダーセットの交換1,424円10,800円
合計24,212円21,600円

ざっと勧められたものを書いてみました。削るとすれば添加剤や下廻り洗浄や錆止め塗装ですね。駆動系や制御系の部品は安全に関わってくるので、今回交換する必要があると思いました。

楽天車検を経由してエネオスで見積もり

ディーラー以外でも車検を受けることができるので、車検の内容や費用が比較できるホームページを使って、見積もりを出してもらうことにしました。

楽天車検から申し込み

楽天車検

今回は楽天車検を使いました。楽天車検のホームページ内で、住んでいる地域の郵便番号を入れて検索すると、登録されている店舗から車検内容が比較できます。さらに見積もり予約&実施で最大3,000ポイントがプレゼントされます。

車検の内容も費用も比較できるし、さらにポイントも貰えて、楽天のサービスで支えることができるので利用している人にとってはメリットがありますね。

楽天車検で検索したところ、認定整備工場があるエネオスが近くにあったので、1月21日の夕方に見積もりの申し込みをしました。

翌日申し込みをしたエネオスの店舗から電話

翌1月22日に、申し込みをしたエネオスから電話がありました。内容は事前に車の状態を見て見積もりを出すため、来店する日を決めて欲しいというものです。色々お話をさせていただき最終的に1月29日に伺うことにしました。

エネオスへ出向き、見積もりを出してもらいました。

Dr.drive車検

1月29日にエネオスに行き、30分ほど車を見てもらい見積もりを出してもらいました。メンテナンスした方がいいところなどを丁寧に説明してくれました。

基本料金

  • 下回り洗浄料
  • 法定2年点検
  • ブレーキオイル交換
  • ラジエター液交換
18,144円
予備検査料7,560円
コーティング洗車サービス
検査代行手数料1,700円
重量税24,600円
自賠責保険料27,840円
合計79,844円

ディーラーでの提示された法定2年点検と同じ金額で、下回り洗浄料とブレーキオイル交換とラジエター液交換が無料で行ってもらえることが分かりました。洗車もあまりしていないので、コーティング洗車がサービスに含まれていたのが嬉しいですね。

オススメの手入れや交換した方がいい部品

部品・油脂代技術料
ラジエターキャップ1,620円
撥水ワイパー4,320円
ブレーキパッド(フロント)9,828円
バッテリー9,600円
オイル3,672円
エアクリーナー3,240円
ヘッドライトクリーニング3,240円
交換技術料5,400円
合計32,280円8,640円

やはりここでもブレーキパッドの交換を勧められました。あとはディーラーと違い、消耗品類を交換したほうがいいと勧められました。添加剤は勧められなかったですね。

結果

今回はエネオスのDr.Drive車検を受けることにしました。また11年目になるのでメンテナンスも、見積もり通りにお願いすることにしました。

予定としては2月5日の夕方に車を置いてきてから、翌2月6日の夜に引き取る形にしてもらいました。

総額は約120,764円でしたが、楽天車検経由なので3,000円割引があり、支払い総額は117,764円です。内、法定費用(54,140円)は現金で払い、残りの66,624円は楽天カードで払うことにしました。

エネオスは楽天カード払いだと楽天ポイントが2倍。100円で2ポイント(還元率2%)の計算になるので、約1332ポイント貰える計算になります。これはかなり大きいです。

今回の車検見積もりで、車の今の状態を知ることができました。乗る頻度が少ないですが、ロードバイクを積んで目的地まで運んでくれる大事な車です。メンテナンスをしっかりして大切に乗っていきたいです。

スポンサーリンク