封筒の断捨離。年に数回の郵送は、郵便局のレターパックライトが便利です。

断捨離

自室の書棚には角形20号(定形外郵便)の封筒が常備してあります。

でもよく考えたら定形外郵便で郵送するのは月1回くらい。常に置いておく必要ないんじゃ?とか代替えできるサービスってあるんじゃない?と考えるようになりました。

そこで目にしたのが郵便局の「レターパックライト」というサービス。しかもローソンで購入ができるそうです。それならと言うことで…

  1. 郵送物を持ってローソンへ
  2. 飲み物と一緒に購入
  3. イートインスペースで宛名を記入して、備え付けのポストに投函

やってみたら、すごく楽でした。


スポンサーリンク

今までの郵送

ここでまず、今までやってきた封筒での郵送を整理します。整理してみたら、かなり効率が悪かったと気付かされました。

市販されている封筒を購入

封筒の断捨離。年に数回の郵送は、郵便局のレターパックライトが便利。11枚入りの定形外封筒

必要な封筒は1枚だけなのに、文房具コーナーで売っている封筒は11枚入り。仕方なく購入していました。

たった1回だけ使うために、何枚入りの封筒を買うのって、勿体無いし資源の無駄なのになぁ。

切手も購入

郵便物を送るためには、切手も必要です。切手も別に購入して用意しておかなければいけません。

しかもいざ貼って送ってみたら料金不足で返されたなんてこともあったり。郵便物の料金って重さで変わるんですよね。

それ以降、郵便局に行って送るようにしています。

郵便局に持ち込み特定記録で送付

個人情報がある書類は、基本的に特定記録で送るようにしています。

理由は前の会社で働いていたとき、個人情報が入っている申出書をお客様に普通郵便で返却、後々未着でトラブルになったところを何回も目にしてきたからです。

郵送事故は年2回ほどありました。その都度、郵便局に問い合わせ。でも普通郵便だと「調査しましたが分かりませんでした」みたいな回答しか返ってきませんでした。

そんなトラブルに巻き込まれないため、相手方にちゃんと届いたか確認をする意味でも、特定記録を使っています。

レターパックでの郵送に切り替え

http://www.post.japanpost.jp/service/letterpack/

調べてみるとあるもんですね。

封筒と料金が一体化していて、特定記録と同じようにインターネット上で配達状況を確認できるサービス「レターパック」に切り替えてみました。

レターパックライト

封筒の断捨離。年に数回の郵送は、郵便局のレターパックライトが便利。レターパックライト

レターパックには「レターパックプラス」と「レターパックライト」の2種類あります。違いは…

  • レターパックプラスは対面でお届けし、受領印または署名を頂く
  • レターパックライトは郵便受けへ投函のみ

今回はレターパックライトにしてみました。厚さは3cm、重さは4kgまでOKです。

購入した場所と料金

封筒の断捨離。年に数回の郵送は、郵便局のレターパックライトが便利。購入

郵便局で購入しようと思いましたが、調べてみるとコンビニ(ローソン・ミニストップ・セイコーマート)で購入できるみたいなので、近くのローソンで購入しました。

1枚360円です。今月は2ヶ所送るので2枚購入。

定形郵便物(25gまで)に特定記録をつけると242円なので少し割高です。でも何枚も入っている封筒を買わなくてもいいし、保管する必要も無くなりました。

ただ一部の店舗では取扱を行っていないこともあるので、事前に確認をしておいたほうがいいです。

購入した後はコーヒーを飲みながらイートインスペースで作業をします。

信書は送れるのか

ここで問題になるのが、請求書は送れるのかというところです。ちなみに請求書は「郵便法及び信書便法」で信書に該当と解釈されます。

「信書」とは、「特定の受取人に対し、差出人の意思を表示し、又は事実を通知する文書」と郵便法及び信書便法に規定されています。

参考:総務省|信書便事業|信書のガイドライン

信書に該当する文書

■書状
■請求書の類
【類例】納品書、領収書、見積書、願書、申込書、申請書、申告書、依頼書、契約書、照会書、回答書、承諾書、◇レセプト(診療報酬明細書等)、◇推薦書、◇注文書、◇年金に関する通知書・申告書、◇確定申告書、◇給与支払報告書
■会議招集通知の類
【類例】 結婚式等の招待状、業務を報告する文書
■許可書の類
【類例】 免許証、認定書、表彰状
※カード形状の資格の認定書などを含みます。
■証明書の類
【類例】印鑑証明書、納税証明書、戸籍謄本、住民票の写し ◇健康保険証、◇登記簿謄本、◇車検証、◇履歴書、◇給与支払明細書、◇産業廃棄物管理票、◇保険証券、◇振込証明書、◇輸出証明書、◇健康診断結果通知書・消防設備点検表・調査報告書・検査成績票・商品の品質証明書その他の点検・調査・検査などの結果を通知する文書
■ダイレクトメール
文書自体に受取人が記載されている文書
商品の購入等利用関係、契約関係等特定の受取人に差し出す趣旨が明らかな文言が記載されている文書

 

参考:総務省|信書便事業|信書のガイドライン

封筒の断捨離。年に数回の郵送は、郵便局のレターパックライトが便利。信書OK

レターパックライトの裏面をみると、信書に◯が付いていたので送付は可能です。

やったー。

送り方

封筒の断捨離。年に数回の郵送は、郵便局のレターパックライトが便利。送り方

まずは記入をします。

お届け先(To):送り先の「郵便番号と住所・名前・電話番号」

ご依頼主(From):自分の「郵便番号と住所・名前・電話番号」

品名:送るもの

封筒の断捨離。年に数回の郵送は、郵便局のレターパックライトが便利。送り方2

次に送りたいモノを入れて、蓋を閉じます。両面テープが付いてあるので、のりはいりません。

封筒の断捨離。年に数回の郵送は、郵便局のレターパックライトが便利。送り方3

最後に保管用シールを剥がし、レジに備え付けられているポストに投函します。

郵便追跡サービス

https://trackings.post.japanpost.jp/services/srv/search/

追跡サービスも利用可能です。

保管用シールの番号を入力して進捗を確認することができますし、配達完了メール通知サービスの申し込みもできます。

感想・まとめ

少し割高ですが、何枚も入っている封筒を買わなくてもいいし、常時封筒をもつ必要も無くなったので満足です。

追跡サービスもあるので、信書を送っても安心。

しかもイートインがあるローソンなら、購入〜宛名書き〜投函まで全て行うことができるので楽です。

常にモノを持たなくても、街にはいろんなサービスがあるので上手に利用していきたいですね。

スポンサーリンク