本棚とパソコンデスク、ワークチェアの断捨離。自分で解体してゴミ処理場へ持ち込んでみました。

書棚とパソコンデスクの断捨離。処分 断捨離

どうもまたざ(@mata011z)です。

先日から本棚にあった本やDVD・Blu-rayそれに趣味のグッズを買取に出してきました。

おかげで本棚の中を空っぽにすることができました。

その少し前には、パソコンデスクに置いてあった「Apple LED Cinema Display」と「Mac Pro」も名古屋市中区大須にある「じゃんぱら」に買取してもらいました。

もう、本棚とパソコンデスクには何もありません。

そして数日間、この状態で生活をしてみたところ、机は1~2時間ほど使うくらい本棚に至ってはなくても困ることはありませんでした。

そこで思い切って、本棚とパソコンデスクを解体、ワークチェアと一緒にゴミ処理場へ持ち込んで、処分することにしました。


スポンサーリンク

本棚とパソコンデスク、ワークチェアの処分

ゴミ処理場へ持ち込みをする前に、他に処分する方法はないかと一度考えてみました。

リサイクルショップに買取依頼を考える

最初に「オフハウス」や「セカンドストリート」のようなリサイクルショップに買取を依頼しようと考えました。

そこでまず買取を依頼した人のブログを調べてみることにしました。

すると多くのリサイクルショップでは「家具は使い始めて10〜15年以内の物でないと引き取ってくれない」と書かれていることを発見。

今回処分したい家具は、15年以上使っている物ばかり。

しかも部屋が2階で階段が狭く、運び出しが困難、泣く泣く買取依頼は諦めることにしました。

不用品回収業者に回収依頼を考える

次に不用品回収業者に回収してもらうことを考えました。

粗大ゴミの処分について、自分が住んでいる瀬戸市では「粗大ごみ処理券」を購入して、電話で予約をして、収集日の朝8:30までに自宅前に出しておく必要があります。

でも不用品回収業者に頼むと、分別・仕分け・運び出しを全てやってくれるのでこの手間がなくなります。

料金は基本料金・回収料金の合計金額や、トラックの荷台に不用品を積めるだけ積む、「積み放題プラン」など色々あるみたいです。

どのくらいかかるか気になったので、単品別で業者に見積もりをしてもらいました。見積もりを出したときはパソコンデスクはなく、代わりにタンスが入っています。

⬛不用品回収見積り(品目・単価)
①書棚 175×80×40(mm) :3240円(税込)
②タンス 85×45×118(mm) :2700円(税込)
③出張基本作業代金:8640円(税込)
※解体せずスタッフ二人で階段にて搬出可能な場合の料金です。
★お見積もり金額合計★
14580円(税込)
※19:00~20:00作業開始指定は夜間料金+6480円(税込)別途必要となります。

基本料金8,640円(税込)、回収料金5,940円(税込)で14,580円(税込)でした。これに解体料金が重なると結構な金額になります。

家具を断捨離するのは、一筋縄にはいかないです。

最終的に自分で解体して持ち込み

書棚とパソコンデスクの断捨離。解体

結局、自分で解体しました。

本棚は「ダボ継ぎ」で接合してあったので、バール、金槌、のみを使って解体。

パソコンデスクは六角穴付きボルトで固定されていたので、アーレンキーを使って解体。

ワークチェアはそのまま晴丘センターへ持ち込みです。

ゴミ処理場へ持ち込み

http://www.haruoka-center.com/index.html

瀬戸市のゴミ処分場「尾張東部衛生組合 晴丘センター」は、尾張旭市にあります。瀬戸市・尾張旭市・長久手市から出たゴミを処分している場所で、住民ならゴミの持ち込みが可能です。

車に積み込んで搬出

書棚とパソコンデスクの断捨離。車載

午前中に本棚・パソコンデスクを、午後にワークチェアを搬出しました。

粗大ゴミの搬入

晴丘センターでは「ゴミを含んだ車重」から「ゴミを含まない車重」を引いて、ゴミの重さを測定します。

書棚とパソコンデスクの断捨離。搬入

晴丘センターに到着後、案内に従って車を移動させ、まず駐車場に車を止めます。

事務所に入り、記入例に従って申請書を記入をします。

書棚とパソコンデスクの断捨離。搬入2

記入した申請書を受付の方に渡し、カードを貰います。

書棚とパソコンデスクの断捨離。搬入3

案内に従って車を計量器に移動させます。

車ごと計量器にのって、先ほどもらったカードを機械にかざします。

ゲートが開いたら「不燃・粗大ごみ」を降ろす場所へ向かい、ゴミを降ろします。

ゴミを降ろしたら、また計量器に戻り車をのせ、カードを機械にかざします。

最後に、駐車場へ車を止めて、事務所でカードを返却、精算をして完了です。

詳しい手順は公式ページに載っているので、処分する前に見ておくといいです。

http://www.haruoka-center.com/03uketsuke/tejun.html

結果

ゴミの搬入は全部で40kg800円でした。

晴丘センターでは10kgあたり200円の処理費がかかります。

感想・まとめ

家具の断捨離は、一気に部屋がすっきりします。

しかし処分については、一筋縄ではいかないところが多くありました。

最終的に、自分で解体して、ゴミ処理場に持ち込んだので安く収まりますが、手に負えない時は業者に依頼することも必要だと思いました。

大変でしたが、新しい生活では大きな家具を必要としない生活スタイルを目指していきたいですね。

スポンサーリンク