タオルの断捨離。残ったのは今治タオルとゆるキャラのバリィさんでした。

今治タオル 断捨離

無印良品の白シャツを収納するため、タンスの中を整理していたらタオルの多さに目が止まりました。よく粗品でタオルを貰うことが多いので、けっこう溜まってしまいます。あまりに増えすぎてしまったので、思い切って断捨離を行いました。

断捨離も終わりタオルを整理してみると、主に残ったのは今治タオルでした。実は今治タオルが大好きなんです。でもなんで今治タオルがいいのか?普通のタオルとどう違うのか?、ちょっと疑問に思ったので調べてみました。


スポンサーリンク

今治タオル

ジャイアントストアの今治タオル

今治タオルってそもそも何?

文字通り国内最大規模のタオル生産地、愛媛県今治市で製造されているタオルです。調べてみると百年余の歴史があるそうで、「made in 今治」といえば高級タオルの代名詞だそうです。確かに言われてみればフェイスタオルで1,000円前後、バスタオルに至っては3,000円前後します。セブンイレブンで買った今治タオル生地のハンカチも500円前後でしたね。

普通のタオルとどう違うのか?

自分が初めて今治タオルを使った時、「うぉぉぉ、水分がスッとタオルに吸い込まれていく‼︎」って感じを今でも覚えています。不思議とタオルで体を拭い後のベタつきが全くありませんでした。調べてみるとこれは今治タオル最大の特性である吸水性にあるそうです。

品質基準が、タオル片が水中に沈み始めるまでの時間が5秒以内と、タオルの中でもとても早いのが特長です。

ロードバイクを販売しているGIANT Store名古屋で買ったスポーツタオルも「made in 今治」。ロードバイクで走ったあと汗を拭くときに使っています。

手入れの仕方

製造時に出てしまった毛羽や、染料粒子が出て色落ちする可能性があるみたいなので、買ったら1回から3回くらい洗うといいそうです。使用後の洗濯で柔軟剤の使用は不要だそうです。使ってしまうと、徐々にタオルのパイルの輪がほつれてしまったり、吸水性が損なわれてしまうそうです。

ふるさと納税をしてゲット

バリィさん

人気のゆるキャラ「バリィさん」の生まれ故郷、今治市にふるさと納税をすると、納税額に応じてバリィさんグッズや今治タオルがお礼品として頂けます。納税もできてお礼にタオルが送られてくるので、1年に年初めにタオルを新調するのにはもってこいです。しかも生産地から直接頂けるので、品質も安心ですよね。

ふるさと納税をやってみるなら評判のいい「ふるさとチョイス」がいいみたいです。今年はふるさと納税もやってみたいと思っています。

今治タオルを使った変わった製品

サコッシュ

サイクリストなら一つは持っているんじゃないかなと思うサコッシュです。サコッシュとは自転車長距離レースの補給ポイントで、選手に補給食などを渡すために作られた袋です。

このサコッシュ、実は今治タオルでできています。折り畳みやすいのでサイクルジャージのポケットなどに忍ばせておくと、帰りにお土産を買っても、背負って持ち運ぶことができるのですごく役に立ってます。

まとめ

バリィさんの生まれ故郷、今治市。他にも焼き鳥が有名だったりと魅力がたくさんあります。ちなみにバリィさん、来島海峡大橋がイメージしたクラウン(王冠)をかぶり、タオル生地の腹巻きをしていて、手には船の形をした財布を持っています。確かに今治は造船の町でも有名です。

一昨年は広島県尾道市側のしまなみ海道を走ってきました。でも残念ながら今治側は走ることは叶いませんでした。今年は今治側の大会にエントリーをして、焼き鳥を食べて、ゆっくりお風呂に浸かり、今治タオルで体を拭いてゆっくりしたいですね。

スポンサーリンク