シンプルなお金の流れを「ゆうちょ銀行」「楽天銀行」「楽天カード」で考えてみました。

クレジット機能付き楽天銀行カード お金の流れ

前回の記事で給与振込は三菱東京UFJ銀行に指定、支出に使うお金は三菱東京UFJ銀行ダイレクトでじぶん銀行へ入金。買い物をする時はau WALLET アプリを通じて、じぶん銀行からプリペイドカードにチャージする流れを考えてみました。

それに付随して立替納付に使っているクレジットカードから、au WALLET クレジットカードに変更といきたいことですが

気になることがただ一つ…それは…

カードがまた1枚増えてしまうことです。

新しくクレジットカードを発行するということは、お金の出口をもう一つ作ってしまうことに繋がります。実はお金の出口は1つにまとめたほうが、お金が貯まりやすくなるんですよね。

悩みどころなんですよね…


スポンサーリンク

既存のクレジットカードを有効活用

クレジットカード3枚

そこで今持っている既存のクレジットカードを、有効活用してみようと思いました。わざわざ新しいクレジットカードを発行しなくても、スマートなお金の流れをつくることはできないかと考えたからです。

今自分が持っているクレジットカードは3枚

  1. クレジット機能付き楽天銀行カード(JCB)
  2. TS CUBIC VIEW カード(VISA)
  3. スポーツオーソリティカード(VISA)

このクレジットカードの中で一番使っているのは、クレジット機能付き楽天銀行カードになります。

クレジット機能付き楽天銀行カード

クレジット機能付き楽天銀行カード

二役も三役にもなるモノはシンプルな生活にはなくてはならないものです。

クレジット機能付き楽天銀行カードの最大のメリットは、クレジットカードと銀行のキャッシュカードが一体型になっていることです。条件は満たしていますね。

年会費が永年無料

これは嬉しいですよね。昨日ご紹介したau WALLET クレジットカードもauユーザーであれば年会費無料です。しかしauユーザー以外の方が持つとなると年会費がかかってしまいます。今後もしauユーザーで無くなったら年会費がかかってしまいますよね。

でもクレジットカード機能付き楽天銀行カードなら年会費が永年無料なので、長期に持つという計画も考えることができます。

ショッピングで楽天ポイントが貯まってお得

やはり雑誌とかで言われてる通りポイントが一番貯まりやすいカードですね。楽天で買い物をすると100円で1ポイント貯まります。楽天市場で楽天カードを使用してお買い物をすると+3倍になります。これは結構びっくりしました。

時々楽天市場で購入することがあるのですが、最後の支払い画面でクレジットカード機能付き楽天銀行カードを選択した時とau WALLET プリペイドカードを選択した時とではもらえるポイントが全く違いました。

貯まったポイントは1ポイント1円相当として楽天サービスで幅広く使えるところもいいですね。

楽天銀行への入金はゆうちょ銀行が便利

ゆうちょ銀行

ゆうちょ銀行の口座を持っている方は多いと思います。あらかじめ楽天銀行に自分のゆうちょ銀行口座の登録しておくと、ゆうちょ銀行から楽天銀行へ手数料無料で入金ができるんです。

特に楽天銀行へ入金するためだけにコンビニエンスストアのATMに行く人が面倒だったり、多少時間がかかっても手数料無料で楽天銀行へ入金したい人にはオススメ!!

もう一つオススメがあって、コンビニエンスストアのATMから楽天銀行へ入金は3万円以上でないと手数料が取られてしまいます。例えばカードの請求が3万円未満、でも楽天銀行へ入金しなければいけない時は、ホームページ内でゆうちょ銀行から入金した方が特なんです。

最後に流れを整理してみると…

今回もだいたい流れが見えてきたので、前回と同じように一度流れを整理してみましょう。流れとしては…

  1. 給与振込口座をゆうちょ銀行にする
  2. 楽天銀行のホームページを開いて、今月使うお金をゆうちょ銀行から入金する
  3. いつもの支払いをクレジット機能付き楽天銀行カードにする

以上、こちらも3ステップでお金を動かすことができるのでシンプルにすることができました。

楽天銀行デビットカードもオススメ

実は楽天銀行デビットカードが存在していることも最近知りました。デビットカードとはクレジットカードと同じようにお店やネットショッピングで使えるカードです。しかもデビットカードでは異例の還元率1.0%なんです。

使ったそのときに楽天銀行の口座からお金が引き落とされるので、無駄遣いをする心配も無くなってきます。ただ何回も楽天銀行へ入金していては本末転倒なので、入金は1回きりにしておきたいものですね。

まとめ

今回は既存で持っているクレジット機能付きの楽天銀行カードから遡って、お金の流れを考えてみました。最初にお金を入れるダムにゆうちょ銀行が使えるのはいいですよね。

楽天銀行のホームページにログインして、ゆうちょ銀行から入金を行えばわざわざコンビニエンスストアのATMを探さなくてもいいし、3万円以上という制約も気にする必要がなくなりますね。

楽天ポイントの還元率もいいので、前回紹介した三菱東京UFJ銀行→じぶん銀行→au WALLETプリペイドカードの流れと迷ってしまいます。

色々と模索をしながらシンプルなお金の管理をしていきたいものですね。

スポンサーリンク