mont-bell(モンベル)のジオライン L.W. ラウンドネックシャツとタイツ Men’s。冬のアンダーウェアについてのご紹介。

mont-bell(モンベル)のジオライン L.W. ラウンドネックシャツとタイツ Men's。アイキャッチ ファッション

どうも、またざ(@mata011z)です。

冬に入ると寒い日が続き、身体の芯から冷えてきますよね。

そんなとき重宝するのがユニクロのヒートテックやミズノのブレスサーモのような防寒アンダーウェア。特にユニクロのヒートテックは低価格なので使っている人も多いと思います。

しかし記録的な寒波がやってきて急に寒くなったり、私のように寒がりな人にとっては少々スペック不足。そのため私は登山をしていた頃に使っていたモンベルのジオラインシャツとタイツを時々着ています。

これが意外と暖かくて、着ることが多くなったので、新たにシャツとタイツを購入しました。

そこで今回はジオラインL.W.のラウンドネックシャツとタイツ(Men’s)についてご紹介します。


スポンサーリンク

ジオラインについて

mont-bell(モンベル)のジオライン L.W. ラウンドネックシャツとタイツ Men's。ジオラインについて mont-bell(モンベル)のジオライン L.W. ラウンドネックシャツとタイツ Men's。ジオラインについて2

ジオラインはモンベルがアンダーウェアの為に独自開発した高性能素材で、遠赤効果で体を芯から温め、繊維間に空気を蓄える事で暖かさを持続させることができ、しかも制菌・防臭・伸縮性・吸水拡散性も優れています。

種類

ジオラインを使ったシャツとタイツにはそれぞれ、薄手(ライトウエイト)、中厚手(ミドルウエイト)、厚手(エクスペディション)の3種類あり、用途に応じて選べるようになっています。

シャツとタイツを購入

mont-bell(モンベル)のジオライン L.W. ラウンドネックシャツとタイツ Men's。シャツとタイツを購入

愛知県名古屋市の平均的な1月の気温は、最低気温が0.8℃で、最高気温が9.0℃です。今でも数年前に購入したジオラインのシャツとタイツの薄手で事が足りているため、今回も同じように薄手のシャツとタイツを購入しました。

ラウンドネックシャツ Men’s

mont-bell(モンベル)のジオライン L.W. ラウンドネックシャツとタイツ Men's。シャツ

軽量で速乾性に優れているので、寒い季節の激しく汗をかく運動や、夏場のウォータースポーツなど、オールシーズン活躍する汎用性の高いモデルです。また、薄手で、伸縮性にも優れ、重ね着がしやすくなっています。

引用:モンベル | オンラインショップ | ジオライン L.W. ラウンドネックシャツ Men’s

サイズ

mont-bell(モンベル)のジオライン L.W. ラウンドネックシャツとタイツ Men's。サイズについて

シャツのサイズ展開はXSサイズからあります。

私は身長が160cmなのでSかXSのどちらかを選べば良いのですが、アンダーウェアは肌にぴったりした方が体温が逃げず、空気層も作りやすいのではないかと思いXSにしました。

素材

素材にはポリエステルが100%使われています。

外観・生地

mont-bell(モンベル)のジオライン L.W. ラウンドネックシャツとタイツ Men's。外観

肩周りは縫い目をずらして作られているため、伸縮性が良く腕上げがしやすくなっています。

mont-bell(モンベル)のジオライン L.W. ラウンドネックシャツとタイツ Men's。生地

最近の防寒アンダーウェアは生地が薄いものが多いのですが、モンベルのジオラインL.W.のラウンドネックシャツもかなり薄く作られています。

着心地

商品の紹介ページにあるサイズ表を見ると、XSの基本ヌードサイズは身長150cm〜160cm、胸囲は82cm〜86cm、胴囲68cm〜72cmで作られています。

私の体のサイズは身長が160cm、胸囲は82cm、胴囲は68cmなのですが、着てみるとかなりピチピチで特に脇辺りがきつく感じました。ゆとりを取るならSサイズがいいかもしれません。

サイズ選びは少し失敗しましたが、保温性は抜群で着た瞬間から暖かく、汗をかいても速乾性が良いため汗冷えは全くしませんでした。

ストレッチ性もいいので、前傾姿勢が多いロードバイクに乗っていても凄い楽でした。

タイツ Men’s

軽量で速乾性に優れているので、寒い季節の激しく汗をかく運動や、夏場のウォータースポーツなど、オールシーズン活躍する汎用性の高いモデルです。薄手で伸縮性にも優れ、重ね着がしやすくなっています。

引用:モンベル | オンラインショップ | ジオライン L.W. タイツ Men’s

サイズ

タイツのサイズ展開はSサイズからあります。商品の紹介ページにあるサイズ表を見るとSサイズの基本ヌードサイズは身長が155cm〜165cm、胴囲が72cm〜76cm、股の高さが71cm〜76cmになっています。

私のウエスト周りは68cmなので、タイツのサイズはSにしました。

素材

mont-bell(モンベル)のジオライン L.W. ラウンドネックシャツとタイツ Men's。素材

シャツと同じようにタイツ本体にはポリエステルが100%使われています。ちなみにウエスト部分はポリエステル83%、ナイロン9%、ポリウレタン8%が使われています。

外観

mont-bell(モンベル)のジオライン L.W. ラウンドネックシャツとタイツ Men's。ウエストのゴム

ウエスト周りには薄くて伸縮性のあるゴムを使ったエラスティックテープが付いていて、タイツのずれ落ちを防いでくれたり、重ね着のごろつきを軽減してくれるようになっています。

mont-bell(モンベル)のジオライン L.W. ラウンドネックシャツとタイツ Men's。袖口

袖口の縫い目にはスパイラル状のカフ(スパイラル スランテック®︎カフ)になっていて、ごろつきや不快な締め付け感を防いでくれています。

生地に光を差し込んでみると、シャツと同じようにかなり薄く作られていることが分かります。

着心地

Sサイズの基本ヌードサイズは身長155cm〜165cm、胴囲72〜76cm、股の高さ71〜76cmなのですが、身長160cm、胴囲68cmの私でもきつく感じることはなく、逆に少しゆとりがあるくらいで丁度よく着ることができました。

肌触りもよく、着た瞬間から太ももあたりが凄く暖かく、汗をかいても速乾性が良いため汗冷えは全くしませんでした。

何より伸縮性がいいのでロードバイクのペダルを回しているときでも、キツさを感じることがなかったです。

感想・まとめ

寒い日が続く冬に重宝する防寒アンダーウェア。特にアウトドア用品を多く取り扱っているモンベルのジオラインL.W.のラウンドネックシャツとタイツは、期待以上の性能を持っていることが分かりました。

種類も幅広く、私が購入した薄手(ライトウェイト)以外にも中厚手(ミドルウエイト)や厚手(エクスペディション)があり、用途に応じて選ぶこともできます。

サイズもシャツはXS〜、タイツはS〜のサイズ展開で、しっかりと自分の体のサイズを把握していれば間違えることはありませんし、ストレッチ性がいいので前傾姿勢を多く取るロードバイクでも問題も無いはずです。

多少割高ですが、価格以上の性能はあると感じました。

ぜひみなさんもお近くのモンベルショップで手に取ってみて、その快適さを感じてみてくだいね。

スポンサーリンク