SONY(ソニー)のRX100(DSC-RX100)を購入。初代は今でも手軽で簡単に綺麗な写真が撮れるのでオススメ

SONY(ソニー)のRX100(DSC-RX100)について。アイキャッチ 家具/家電/雑貨

どうも、またざ(@mata011z)です。

9.7インチiPad(第6世代)でブログを更新するため方法と、使用しているアプリ・製品についてのまとめ。』でご紹介したように、私はブログの写真を撮るときにSONY(ソニー)のRX100(DSC-100)かiPhoneを使っています。

RX100の発売は2012年と古いですが、未だに現行販売されている息の長いコンパクトデジタルカメラです。

発売当時はNikon(ニコン)のデジタル一眼レフ「D70s」と、PENTAX(ペンタックス)のデジタルミラーレス一眼「Q10」を使っていたので、購入を見送りましたが、2018年に入り手軽に綺麗な写真を撮りたいと思い中古で購入しました。

感想を先に述べると、文字通り簡単かつ手軽に綺麗な写真が撮れて大満足です。

そこで今回は、SONY(ソニー)のRX100(DSC-100)をオススメする点についてご紹介します。


スポンサーリンク

RX100(DSC-100)について

SONY(ソニー)のRX100(DSC-RX100)について。基本情報

ソニーのコンパクトデジタルカメラの中でも根強い人気を誇るシリーズのカメラ。2018年12月時点で7種類(初代,M2,M3,M4,M5,M5A,M6)も販売されていて、初代に至っては2012年発売とかなり息の長いカメラです。

センサー

センサーは1型の有効2,020万画素CMOSセンサーを内蔵。最新のモデルはこれに裏面反射型や積層型を搭載しています。

レンズ

SONY(ソニー)のRX100(DSC-RX100)について。レンズ

レンズは28mm-100mm f1.8-4.9で光学3.6倍ズームと、ブログに使う写真を撮るにはとても十分な性能を持っています。

オススメな点

一眼レフやミラーレス一眼と比べて、RX100は気軽に持ち出せて、しかも扱いが簡単で、画質のいい写真が撮ることができます。

気軽に持ち出せる

SONY(ソニー)のRX100(DSC-RX100)について。気軽に持ち出せる

カメラのサイズが非常にコンパクトなので、気軽に持ち運ぶことができます。

外形(幅×高さ×奥行)が101.6×58.1×35.9mm、重さが約213g(本体のみ)と小さくて軽いので、ポケットに入れたり、肩にかけてたりして持ち運んでいます。

扱いが簡単

難しい設定をしなくても、非常に簡単に綺麗な雰囲気のある写真が撮ることができます。

上手く撮るためによく使う「絞り値やシャッタースピード」。一眼レフやミラーレス一眼を使っているとき、片っ端から本を読み何枚も撮って練習しました。

でもサッと撮りたいとき、絞りやシャッタースピードを考えている暇ってないんですよね。

オートで一瞬を逃さないRX100。とても優秀です。

画質が良い

コンパクトデジタルカメラの中でも、取り分け画質が良いです。

最近ではiPhoneでもかなり高画質で写真が撮れるようになりましたが、やはり性能の良いレンズが装着されているため、デジタル一眼レフに迫る高画質に迫るノイズのない写真を撮ることができます。

マップカメラで中古で購入

SONY(ソニー)のRX100(DSC-RX100)について。マップカメラで中古を購入

2018年12月現在、新品で3万8,000円前後、中古で25,000円前後で販売されています。発売当時の価格が6万2,000円前後だったので、かなりお得になりました。

私はマップカメラで外観状態ランク「並品」の中古品を購入し、合わせて6ヶ月保証の「MAP安心サービス(有料)」に入りました。

中身

SONY(ソニー)のRX100(DSC-RX100)について。中身

付属品(リチャージャブルバッテリーパック(NP-BX1)・ACアダブター(AC-UD11)・マイクロUSBケーブル・リストストラップ・ショルダーストラップアダブター・取扱説明書)が全て揃っているものを購入しました。

外観状態

SONY(ソニー)のRX100(DSC-RX100)について。外観状態

マップカメラのホームページに載っている写真を参考にし、キズ・スレが多少ある商品を選びましたが、ほんの擦り傷程度で動作には問題ありませんでした。

他に購入したもの

撮影をするとき、カメラ本体にあったらいいと思う商品を別に購入しました。

アタッチメントグリップ AG-R2

SONY(ソニー)のRX100(DSC-RX100)について。アタッチメントグリップ
本体は小型なRX100ですがレンズ部分は大きいため、片手で掴むのに苦労し最悪滑って落としてしまいます。

そこで購入したのがアタッチメントグリップ

このグリップを取り付け使ってみたところ、しっかりとカメラを持つことができ、写真を撮るときの安定性が増しました。

液晶保護フィルム モニター保護セミハードシート PCK-LM15

SONY(ソニー)のRX100(DSC-RX100)について。液晶保護フィルム

他社品と悩んだのですが、貼りやすさや収まりなどを考えて純正の液晶保護フィルムを購入しました。

黒い縁の部分は本体の液晶よりもほんの一回り大きく、フィルムもセミハードタイプなのでピッタリ貼ることができます。

貼る前と後で比べてみたところ、貼る前よりも明るい場所でも光の写り込みが少なくなり、写真を撮るときの確認がしやすくなりました。

撮影した写真

RX100を購入してから数日、いろんなところに行って写真を撮影してみたので少しご紹介します。

ボケ写真

SONY(ソニー)のRX100(DSC-RX100)について。ボケ写真

長野県埴科郡坂城町にある「さかき千曲川 バラ公園」で撮ったバラです。

広角の開放絞り値がF1.8なので、デジタル一眼レフで撮ったようなボケ味を出すことができました。

風景写真

SONY(ソニー)のRX100(DSC-RX100)について。風景写真

長野県上田市にある「上田城跡公園」のトンネル跡の紅葉。

光が差し込みにくい場所ですが、大型の1.0型CMOSセンサーとレンズが風景をダイナミックに捉えることができました。

花火写真

SONY(ソニー)のRX100(DSC-RX100)について。花火写真

iPhoneでは撮ることの難しい花火。しかしRX100にはシャッタースピード優先モードがあったり、マニュアルフォーカスが使えたりするので、花火の撮影もすることができます。

こんな人にオススメ

デジタル一眼レフやミラーレス一眼などの重たいカメラよりも軽く、でも気軽にいい写真を撮りたいという方にオススメです。

感想・まとめ

シーンにあった撮影ができる、非常にいいコンパクトデジタルカメラで購入した甲斐がありました。

軽くて、気軽に、いい写真を撮れるのがいいですよね。

そして何より、写真を勉強にするにもいいカメラ。

ぜひみなさんもRX100を手にとって、その良さを直に感じてみてくださいね。

スポンサーリンク