REC MOUNT+(レックマウントプラス)のiPhone Xs用ケースを購入。各種マウントやアダブターに互換性があるスマートフォンケースのご紹介。

REC MOUNT+(レックマウントプラス)のiPhone Xs用ケースを購入。アイキャッチ ロードバイク

どうも、またざ(@mata011z)です。

サイクリング中、スマートフォンをジャージやパンツのポケットに入れていると、時々背中や太ももに当たって不快な感じがすることがあったり、Zwiftなどの室内トレーニングでスマートフォンが手元になくて困ることってありますよね。

私もサイクリング中にポケットに入れていたiPhone XSが気になったり、Zwift中にiPhone XSを使ってRIDE ONしたいのに手元になくて困ったときがありました。

もしiPhoneをロードバイクに取り付けることができたらと調べてみたところ、ロードバイクに取り付けたマウントを販売しているREC MOUNT+™️(レックマウントプラス)から、iPhone用のケースが販売されていることを知り、購入をしました。

先に感想をお伝えすると、カバー自体はすごく軽いのに持ちやすく、ロードバイクに取り付けたマウントにも簡単に装着することができました。

そこで今回は、REC MOUNT+™️(レックマウントプラス)から発売されているiPhone XS用ケースをご紹介します。


スポンサーリンク

スマートフォンケース iPhoneX / Xs用【R+iPC2】

REC MOUNT+(レックマウントプラス)のiPhone Xs用ケースを購入。商品紹介

この専用ケースは滑らかなマット仕上げで、iPhoneにマッチしたデザイン 軽量スリム、持ちやすさ、滑りにくさ、保護性能、加工精度のどれをとっても高品質
PC(ポリカーボネイト) + TPU(熱可塑性ポリウレタン)のハイブリッド(2層構造)で高強度。アクティブなシーンでも本体をしっかり守ります。
モチロン ケースを装着したまま充電、イヤホン、カメラの使用が可能。ストラップも付属し通す穴もあいています。

引用:スマートフォンケース iPhoneX / Xs 用【R+iPC2】 | REC MOUNT PLUS

今回ご紹介するのはiPhone X/XSどちらでも使えるスマートフォンケースです。

スマートフォンケース自体はポリカーボネイトとTPUの2層構造で、強度が高いにもかかわらず、軽量で持ちやすく、滑りにくいところがとても良いです。

開封

REC MOUNT+(レックマウントプラス)のiPhone Xs用ケースを購入。箱

外箱はスマートフォンケースがすっぽり入るほどの縦長のデザインになっています。

REC MOUNT+(レックマウントプラス)のiPhone Xs用ケースを購入。中身

箱の中にはケース本体、ワンタッチ脱着可能なストラップ、REC MOUNT+(レックマウントプラス)のカタログが入っています。

大きさ

REC MOUNT+(レックマウントプラス)のiPhone Xs用ケースを購入。大きさ

iPhone XSがしっかり入るように少し大きく作られています。

外観

REC MOUNT+(レックマウントプラス)のiPhone Xs用ケースを購入。外観

四方から見ると、マイク/スピーカー、気圧調整口、Lightningコネクタ、スリープ/スリープ解除ボタン、サイレントスイッチに係る部分には全て穴が空いています。

そのためケースを装着したままでも、Lightning(ライトニング)ケーブルを差し込んで充電したり、スリープ/スリープ解除することが可能になっています。

REC MOUNT+(レックマウントプラス)のiPhone Xs用ケースを購入。表裏

ケースの中はウレタン性のマットが接着されていて、iPhoneの裏面に傷が付かない配慮がなされています。

ケース裏面はREC MOUNT+™️(レックマウントプラス)の各種マウント、変換アダブター、スマホリングに取り付けるための加工が施されています。

取り付け

REC MOUNT+(レックマウントプラス)のiPhone Xs用ケースを購入。取り付け

ストラップを取り付けたカバーを平らなところに置き、iPhoneをはめ込むようにして取り付けをします。

ポリカーボネートとTPUのハイブリッド構造の素材なので、ケースが硬いといったことは全くなく、簡単にiPhoneをはめ込むことができました。

REC MOUNT+(レックマウントプラス)のiPhone Xs用ケースを購入。取り付け後の外観

はめ込んだ後にiPhoneを触ってみたところ、Lightning(ライトニング)ケーブルを差し込むためのLightningコネクタ用の穴にケーブルの先がカバーあたるといったことは全くありませんでした。

スリープ/スリープ解除ボタンやサイレントスイッチ用の穴も、指が引っ掛けるといったことはなく、操作も凄くやりやすいです。

ただ音量ボタンだけはカバーに覆われているため、強めに押さないと音量の調整ができませんでした。

トップマウント タイプAに取り付け

REC MOUNT+(レックマウントプラス)のiPhone Xs用ケースを購入。トップマウント タイプAに取り付け

REC MOUNT+™️から発売されているマウントをロードバイクに取り付ければ、簡単にiPhoneをロードバイクに取り付けることができます。

ちなみに私は90°傾けることができるトップマウント タイプAというマウントを取り付けました。詳しくは…REC MOUNT+(レックマウントプラス)のトップキャップマウント タイプA。スマホを簡単に装着、ロックできるマウントについてのご紹介。

取り付けはすごく簡単で、スマートフォンケースを取り付けたiPhone XSを45°に傾け、レバーにはめ合わせ時計回りに回転させるだけです。

取り外しもすごく簡単で、レバーを押し下げ、スマートフォンケースを取り付けたiPhone XSを45°に傾け、引き上げると取り外すことができます。

感想・まとめ

サイクリングやZwiftでトレーニング中でも、iPhoneをロードバイクに固定できるREC MOUNT+のスマートフォンケース iPhoneX / Xs用【R+iPC2】。

滑らかなマット仕上げに加え、iPhoneを操作する上で必要なところに穴が空いているので、ケースを付けたままでも今までと同じようにiPhoneを使うことができます。

別売りのマウントや変換アダブター、スマホリングを使えば、幅広いシーンで使えること間違いなしです。

iPhoneをロードバイクに固定してサイクリングやZwiftを楽しみたい方は、ぜひ検討してみて下さいね。

REC MOUNT+™️のスマートフォンケース iPhoneX / Xs 用【R+iPC2】もしくは、Amazonで購入することができます。

スポンサーリンク