REC MOUNT+(レックマウントプラス)のトップキャップマウント タイプA。スマホを簡単に装着、ロックできるマウントについてのご紹介。

REC MOUNT+™️(レックマウントプラス)のトップキャップマウント タイプA。アイキャッチ ロードバイク

どうも、またざ(@mata011z)です。

ロードバイクでのサイクリングで必須になってきたスマホ。

ポケットに入れて持ち運ぶのもいいのですが、直接ロードバイクに取り付けておけば、地図やナビを使ったりするのにとても便利です。

そこで役立つのが、自転車のハンドルにスマホを固定する「スマートフォンホルダー」。

でも世の中には、スマホを取り付けるためのホルダーがたくさんあって、どれを使っていいか迷ってしまいがちです。

これまで私も、たくさんのスマートフォンホルダーを試してきましたが、TORQUE(トルク)G04への機種変更を機に、REC MOUNT+™️(レックマウントプラス)をロードバイクに付けてみました。

すると驚くほど簡単に脱着、尚且つしっかりと固定することでき、いちいちポケットからスマホを出さなくても良くなったので、サイクリング中のストレスが減りました。

そこで今回は、REC MOUNT+™️(レックマウントプラス)のトップキャップマウント タイプAについてご紹介します。


スポンサーリンク

トップキャップマウント タイプA【R+TOPCAP1】

REC MOUNT+™️(レックマウントプラス)のトップキャップマウント タイプA。商品紹介

画像引用:レックマウントプラス – トップキャップマウント タイプA【R+TOPCAP1】 | REC MOUNT PLUS

購入したのは、ロードバイクのコラム・フォークを引き上げるために付いているトップキャップを外し、トップキャップごと交換するタイプのマウントです。

スマホをステムの上に付けたい、撮影角度を調節したい、少しでも低く取り付けたい方にオススメのマウントです。

開封

REC MOUNT+™️(レックマウントプラス)のトップキャップマウント タイプA。梱包

商品はビニール袋に入っています。

REC MOUNT+™️(レックマウントプラス)のトップキャップマウント タイプA。中身

中身はマウント本体、M6×25ボルト、分解図兼簡易取説、安全上のご注意が入っています。

マウントとアームの向きについて

REC MOUNT+™️(レックマウントプラス)のトップキャップマウント タイプA。取付方法1
REC MOUNT+™️(レックマウントプラス)のトップキャップマウント タイプA。サイズ変更

R+TOPCAP1はマウントの向きを変えることにより、ステムの長さに合わせた取り付けを行うことができます。(写真上がLong ver、写真下がShort ver)

取付(Short ver)

REC MOUNT+™️(レックマウントプラス)のトップキャップマウント タイプA。取付方法2

私のロードバイクはステムが短いためShort verで取付を行います。

まず、マウントに取り付いているレバーとトップキャップマウントを外します。

REC MOUNT+™️(レックマウントプラス)のトップキャップマウント タイプA。取付方法3

ロードバイクのトップキャップを外します。

REC MOUNT+™️(レックマウントプラス)のトップキャップマウント タイプA。取付方法4

マウントをロードバイクに取り付けます。

  1. 付属のM6×25六角穴付きボルトを使って、トップキャップマウントを取り付けます。
  2. 六角レンチを使って、ヘッドパーツのボルトを締め付けます。
  3. 六角レンチとトルクレンチを使って、ベースマウントを取り付けます。
  4. 六角レンチを使って、レバーを取り付けます。

スマホの取り付け・取り外し

RECMOUNT+™️のケースを取り付けたスマホを45°に傾け、レバーにはめ合わせた後、時計回りに回転させて取り付けます。

レバーを押し下げ、RECMOUNT+™️のケースを取り付けたスマホを45°に傾け、引き上げると取り外せます。

感想・まとめ

ロードバイクにスマホを取り付けるマウント、RECMOUNT+™️のトップキャップマウント タイプA。

マウントの向きを変えることにより、ステムの長さに合わせた取り付けができるので、多くのロードバイクで取り付けれるところが良いと感じました。

またスマホの取付や取外しもワンタッチですることができ、しっかりと固定されているので安心です。

もしロードバイクにスマホを取り付けて、使ってみようと考えていれば、ぜひ検討してみて下さいね。

REC MOUNT+公式サイトでの購入はこちら

スポンサーリンク