酷暑の街の中で涼を目指す!!尾張東部(名古屋市守山区、春日井市)周遊サイクリング約30km。

尾張東部サイクリング トップ画像 ロードバイク

どうもまたざ(@mata011z)です。

2018年の夏は本当に暑いですよね。愛知県名古屋市では2018年8月3日に観測史上初の40.3℃を記録しました。岐阜県多治見市でも40℃越えの日々。

そんな中、7月22日に尾張東部地方をサイクリングしてきました。

夏のサイクリングは避けたいところですが、ロードバイクを持っている以上は走りにいきたいのが本音。

ということで、なるべく日差しを浴びない短いコースを走ってきました。


スポンサーリンク

尾張東部周遊サイクリング 約30km

走ったコース

※ルートラボのコースデータは自由にダウンロードしてO.K.です。

スタートは愛知県春日井市にある二子山公園、ゴールは名古屋市北区にある水分橋東緑地にしました。

ぐるっと尾張東部を回る約30kmのコースです。

二子山公園から志段味地域

尾張東部サイクリング 二子山公園

スタートは愛知県春日井市にある二子山公園にしました。少し時間があるので園内を探索。ひときわ大きな森に見えますが、実はこれ味美二子山古墳という古墳です。

5世紀末〜6世紀初頭に作られた古墳で県内5番目の大きさを誇り、昭和11年に国の史跡に指定されました。そのほかにも二子山公園内には、白山神社古墳、御旅所古墳と合わせて3つも古墳があります。

古墳好きにとっては堪らない場所。

尾張東部サイクリング 二子山公園 ハニワ館

中央にはハニワの館があって、ガラス越しに古墳を眺めることも可能です。

http://www.city.kasugai.lg.jp/shisei/machi/park/hutakoyamakoen.html

尾張東部サイクリング 庄内川

写真の川は庄内川です。岐阜県恵那市にある夕立山が水源で、岐阜県と愛知県を流れ伊勢湾に注ぐ1級河川。かなり大きい川です。

尾張東部サイクリング 庄内川堤防下道路

日中の堤防は日差しがキツイので、堤防下の工場沿いを走りました。

中央線の高架が潜れないので、途切れ途切れになってしまいますが、春や秋みたいにちょうどいい気温のときには、川を辿る風がとても気持ちいいので、堤防沿いがオススメです。。

尾張東部サイクリング 名古屋市守山区

松川橋を渡り、名古屋市守山区に入ると丘陵地帯になります。

ここから登坂開始です。距離2.8km、標高差46m、平均斜度1.7%と緩やかな坂ですが、休憩しながらのんびり走りました。

上にある高架は、名古屋ガイドウェイバスのゆとりーとラインです。日本では名古屋市だけに走っている電車の路線でもありバスの路線。地図を見ると、小幡緑地までは駅名表記になってます。

採算は別として、名古屋市や愛知県って面白いものが意外と多いんですよね。

https://www.travel.co.jp/guide/article/31376/

尾張東部サイクリング 白沢渓谷

ここで寄り道。ゆとりーとラインの白沢渓谷駅から徒歩5分ほどのところに、城土公園という公園があったので歩いて行ってみました。この公園には名古屋市内では珍しく、人工的に作られた渓谷があります。

整備された遊歩道沿いには多くの木々に植えられていて、日陰がとても多く、涼しいところでした。

車だと行き辛い場所でも、自転車だと気軽に寄り道できるので良いですよね。

ここから志段味地域までの車道は、交通量が多かったので歩道を走ることにしました。夏の午前中は、小幡緑地側を走ると日陰になって涼しいですよ。

志段味地域 サイクリングロード

愛知県をロードバイクで走ろう。志段味サイクリングロード

愛知県道202号線を北に進み、吉根釜ヶ洞の交差点から市街地に入り、「自転車歩行者専用道路(都市計画道路志段味線)」(通称:サイクリングロード)を走ります。

約5kmと短いサイクリングロードですが、車の侵入は全くなく、橋を渡ったり、アンダーパスをくぐったり、小休憩で休む場所があったりと、小さい子供たちも安心して走れる道路だと感じました。

遠くに見える尾張東部の山々も綺麗で、のんびり走るにはとてもいいところです。

http://www.city.nagoya.jp/moriyama/category/143-3-9-0-0-0-0-0-0-0.html

志段味地域から落合公園

サイクリングロード途中、志段味支所南の交差点付近から西に方向を変え、下志段味橋を渡り春日井市に入ります。

高速道路の高架下は日かけとなりました。

途中、みるみるさんの妹さんが経営しているセブンイレブンに立ち寄って休憩。冷房が効いている店内はやっぱりいいですね。

そしてスイカバー。

空気、緑、感じるところに〜♪スイカバーのCM曲といえば19(ジューク)の「大自然」覚えている方いますかね。

店内で食べるアイスは格別に美味しい。

休憩をして、また炎天下の中を走って、落合公園に向かいました。

昼食 甘味茶屋さくら

愛知県をロードバイクで走ろう。昼食 甘味茶屋さくら

落合公園に着いたのが11:15頃。そろそろお昼だったので、ルート選定と同時に調べておいた甘味茶屋さくらに入ることにしました。

落合公園から1km圏内にあって、表向きも非常に風情ある茶屋さんです。夏季限定のかき氷が有名で、ソフトクリームや白玉のトッピングができます。

がここは食事優先。20食限定の日替わりランチを注文しました。ちなみに食事は11:30からだったので、数分ほどお店の方のご好意で、店内で待たせて頂きました。

愛知県をロードバイクで走ろう。 昼食 甘味茶屋さくら2

出てきたのは夏にぴったりな自然薯ののった豆腐をメインとした様々な小鉢料理。これで850円はお得です。

食べてみると、これがまた一品一品すごく丁寧に作られて、美味しかったです。ご飯がなかなか食べれない季節だからこそ、自然薯のツルッとした喉越しと柔らかい豆腐っていいですよね。

関連ランキング:甘味処 | 神領駅春日井駅(JR)

ふれあい緑道

尾張東部サイクリング ふれあい緑道

昼食を食べて再スタート。落合公園から朝宮公園までは様々な木々が立ち並ぶ、ふれあい緑道を走りました。木々が太陽の光を遮り、所々日陰になっているので、日向より涼しいです。

走っていると、所々にユニークなハニワが設置されているを発見。近隣の小学生が作ったものらしくて、可愛いらしい物がたくさんありました。

立ち止まって、自転車仲間のロードバイクを並べて、パシャ!!

何気なく飾ってある物を眺めるスピード感。自転車のいいところですね。

http://www.city.kasugai.lg.jp/shisei/machi/park/1008523/1008525/1008543.html

八田川沿いを走り、水分橋東緑地へ

愛知県をロードバイクで走ろう。 八田川沿い

朝宮公園付近から、庄内川まで流れる八田川(はったがわ)沿いを走りました。

幹線道路と交差する場所がいくつかありますが、川沿いには遊歩道が整備されていて、走りやすいです。ただ日陰はほとんどありませんので、夏場は熱中症に注意が必要です。

愛知県をロードバイクで走ろう。 ゴール 水分橋東緑地

八田川と庄内川の合流地点、水分橋東緑地付近に到着。無事に尾張東部周遊サイクリング約30kmを走りきることができました。

遠くに見える名古屋駅周辺に聳え立つビル群とは対照的に、緑と川を楽しんだサイクリングになりました。

感想・まとめ

直射日光をずっと浴びていると、熱中症になる危険性を高めます。

尾張東部には緑地や緑道が多く、日差しを遮るところも多く存在するのでオススメです。

そして何より古墳だったり埴輪だったり、面白い発見もありました。

なかなか外に出ることが難しいですが、短い距離であっても走って夏を楽しみたいですね。

スポンサーリンク