とびしま海道とさざなみ海道をサイクリング。途中で竹原市に寄り、ナイトライドで尾道市を目指しました。【海道旅2日目】

さざなみ海道アイキャッチ ロードバイク

どうも、またざ(@mata011z)です。

2017年11月23日から11月26日にかけて、八重洲出版から発行されている「ニッポンのじてんしゃ旅 Vol.01 しまなみ海道をゆく。瀬戸内7海道サイクリングガイド」を参考に、愛媛県と広島県にある海道(ブルーライン)を巡ってきました。

1日目は「とびしま海道」を走り、上蒲刈島にある「県民の浜・輝きの館」で宿泊。

安芸灘とびしま海道 アイキャッチ

とびしま海道をサイクリング。途中で御手洗地区に寄り、県民の浜・輝きの館で宿泊してきました。【海道旅1日目】

2018年1月10日

2日目は「とびしま海道」の残り約13kmと、広島県呉市川尻から広島県尾道市へと続く「さざなみ海道」約68kmを走りました。


スポンサーリンク

とびしま海道「県民の浜・輝きの館」から広島県呉市川尻


県民の浜から北へ向かいブルーラインに復帰します。

少し坂を登るとトンネルが見えてきますが、実はこのトンネル「原トンネル」といって映画「海猿」のロケ地に使われたそうです。

…と帰ってから知りました。写真撮っておけばよかったです。

「原トンネル」を超えて海沿いを走っていると、採石場がよく見えてきます。この風景もまた「とびしま海道」ならではの風景。「しまなみ海道」では見ることができません。

走りながら採石場の石を眺めていると、白っぽい石もあれば黒っぽい石があったり、よく見る石とは違ってとても不思議でした。後日今治城を訪れて知ったのですが、白っぽい石は今治城の石垣に使われた石だそうです。

蒲刈大橋と「であいの館」と「海駅三之関」とグルメ

蒲刈大橋
さらに海沿いを走ると、上蒲刈島と下蒲刈島を結ぶ蒲刈大橋が見えてきます。蒲刈大橋は長さ480mのトラス橋で、「とびしま海道」の島と島を結ぶ最後の橋です。

上蒲刈島側には蒲刈直売所の「であいの館」があり、地域の特産品を買うことができたり、食事や休憩ができます。

しおアイス

ここでは、冬に近い寒さにもかかわらず「しおミルク」を買って食べてみました。

藻塩の海水と海藻のうま味が凝縮したまろやかな口あたり、美味しかったです。

海駅三之関の下蒲刈名物「じゃこ天」

下蒲刈島側には「海駅三之関」があります。

ここでは名物の「じゃこ天」(1枚150円)を買って食べました。

地元の小魚のすり身をタラ・とまぜあわせ、姫ひじきの塩で練り上げたものらしく、揚げたてを頂くことができます。

ホクホクで魚の味もして、とても美味しかったです。

この先には歴史的な建物が並ぶ「三之瀬地区」があります。古くから交通の要所として栄えた下蒲刈島は、朝鮮通信使や琉球使節、藩の大名が寄った港としても重要だったそうです。

安芸灘大橋を渡りいよいよ本州へ

とびしま海道2日目
いよいよ「とびしま海道」もラストです。遠くに見える安芸灘大橋を渡るといよいよそこは本州。通行料は自動車は有料ですが、自転車、歩行者は無料です。

古き良き島の風景が残る「とびしま海道」は素晴らしいサイクリングコースでした。そして次はいよいよ「さざなみ海道」を走ります。

スポンサーリンク