モンベルのメリノウール サポーテック スノースポーツ ソックスを購入した感想を書いてみました。

モンベル メリノウール サポーテック スノースポーツ ソックス スキー

冬の寒さは足元からきますよね。そのうえスキーは雪の上を滑ります。スノーブーツの保温性が良くても靴下は足と地面をつなぐ重要なアイテム。最初はユニクロのヒートテック素材の靴下がいいかなと思いましたが、やはりスキーと言ってもスポーツなのでモンベルから出てる専用の靴下を購入しました。

2/11〜12日、長野県でスキーをした時に履きましたが、購入して大正解でした。


スポンサーリンク

モンベル メリノウール サポーテック スノースポーツ ソックス 男女兼用

素材はメリノウール

メリノ種の羊から取れる毛をメリノウールといいます。主にオーストラリアやニュージーランドで飼育されていて、ウールの中では最高の品質を誇っています。

メリノウール素材の暖かさは、無印良品のケーブル編みセーターで実感済みです。そもそもメリノウールは、他のウール素材に比べ繊維の密度があるため熱を逃しにくく、籠りやすいので暖かいのです。

もう一つの特徴が湿気を吸収しやすく、吸収した湿気を放散してくれるので、消臭効果も抜群です。2日間履きましたが、大雪の白馬五竜でも足元は暖かく、脱いだ後の臭いもありませんでした。

サポーテック機能が地味にスゴイ‼︎

サポーテック機能

足首からふくらはぎにかけて、靴下がずり落ちることを防ぐためのテーパードデザイン

足首から段階的に伸縮率が高くなり、ふくらはぎを持ち上げてくれるカーフサポート

足の甲面がメッシュ地になっているため、蒸れにくく優れた通気性

足裏への衝撃を分散・軽減してくれる土踏まずに、下から支え歩行時も落ち込みを防ぐためのアーチサポート

…などなど

現物を見ると、サポートをする部分ごとに素材や編み込みが変えられています。スキーをする前に履いていた靴下と比べてみても、しっかりとしたホールド感や、土踏まずの部分へのサポートがしっかりしているので、足疲れはほとんどありませんでした。

スノースポーツには欠かせない中厚手

スキーなどのスノースポーツ向け靴下の生地は、厚みのある方がクッション性が高いです。しかもスキーブーツは硬いので、中で長時間使用していると足が痛くなります。モンベルのスノーソックスは中厚手、滑ってみるとクッション効果で膝や腰の痛みもありませんでした。

左右非対称にユニセックス

一般的な靴下は、左右どちらの足にも合うようになっています。しかしモンベルのスノースポーツソックスは、左右非対称でユニセックス仕様。

左右非対称になっているのは、それぞれ左右の足に合った形状にすることにより、快適なフィット感が得られるからだそうです。

自分が購入した男女兼用モデルのMサイズ(24cm〜26cm)とLサイズ(26cm〜28cm)は幅広く、男女兼用モデルのSサイズ(22cm〜24cm)と女性専用モデルは細めのパターンとなっています。選択肢が多いのはいいですよね。

まとめ

白馬五竜や戸隠スキー場で使ってみて、このモンベルのスノーソックスは、スノースポーツ用に考えられた商品だと実感できました。特にサポート機能はすごくて、足のあらゆる部分にフィットするので、滑っていても足がズレませんし、踏み込んだ力がダイレクトにスキー板に伝わっていくようでした。

まだまだウインターシーズンは続きます。機能性のいい商品を使って、楽しみたいですね。

スポンサーリンク