スキーヤーオンリーのスキー場。阿智村にあるヘブンスそのはら SNOW WORLDに行ってきました。

ヘブンスそのはら SNOW WORLD スキー

スキーを再び始めて、4ヶ所目となるスキー場「ヘブンスそのはら SNOW WORLD」に行ってきました。名古屋から中央自動車道で約1時間とアクセスが良く、南アルプスの稜線を見ながら滑ることのできる数少ないスキー場です。ちなみにここもスキーヤーだけのスキー場です。

きそふくしまスキー場と同じく家族連れや、スキースクールに参加している子供たちが多かったですね。

そんな名古屋から一番近いスキー場をご紹介します。


スポンサーリンク

ヘブンスそのはら SNOW WORLD

コースマップ

スキー場の営業時間は午前8時30分からですが、リフト券は午前8時15分から販売です。リフト券売り場は販売開始前はかなり並んでいましたので、スキーの準備が一通りできたらリフト券売り場に行った方がいいと思います。自分も販売開始15分前には並んでいました。

リフト券は、中津川インター近くのファミリーマートで購入しました。全日リフト券と食事券1,000円分相当がセットで税込4,700円です。スキー場窓口だど5,150円なのでかなりお得ですね。実質3,700円で一日中滑ることができます。

楽天トラベルのスキー&スノーボード特集2016-2017で検索すると同じ内容の割引クーポンがあります。こちらはスキー場のリフト券販売窓口で使用することができます。税込4,600円とファミリーマートで発券した時よりも100円ほどお得です。

ヘブンスそのはら SNOW WORLD

初心者コース エンジェルコース・サウスウイングコース下部

エンジェルコース

ゴンドラから降りて左手に見えてくるのが、全長610m最大斜度9度のエンジェルコースです。すごく緩やかなバーンなので最初の練習には最適ですね。まずここで体を慣らしましょう。バーンの左手には第4リフトがあります。午後12時以降、スキー場をあとにする方が必ず乗るリフトになりますので、混雑するので注意が必要です。

エンジェルコース2

エンジェルコースを滑っていくと第2リフトと第7リフトが見えてきます。第7リフトは中・上級者コースのパノラマコースに行きますので、まだ初めての方は第2リフトに行くことをお勧めします。

第2リフトに乗ると、サウスウイングコース下部のコースに行くことができます。ここも斜度が比較的緩やかなので、エンジェルコースで練習を終えた次のステップに最適です。ただ一番リフトが混雑していました。

中・上級者コース パノラマコース

パノラマコース

一通りサウスウイングコース下部を滑り終えて、自信がついたので第7リフトを使ってパノラマコースに行ってみました。全長1,070mで最大斜度21度と本格的なスキーが楽しめます。ここの頂上からは遠くに南アルプスを眺めることができるので、山好きの自分としてはかなりお気に入りのコースです。上部は斜度が結構あるので、まだ上部を滑ることが難しい方は、第2リフトを使って下部の緩やかなコースに出ることができます。

上級者コース サウスウイングコース上部

サウスウィングコース

最後に第3リフトを使って、最大斜度30度のサウスウイングコースの上部に行ってきました。サウスウイング上部からも南アルプスの山並みを眺めることができます。頂上から下を覗いてみるとかなり急です。最初滑るとは躊躇しました。結構スピードが出るので、サウスウイング下部のスタート地点と合流する場所では注意が必要です。

昼食 センターハウスレストランでシカ三昧丼

鹿肉三味丼

ヘブンスそのはらには、昼食をとることのできるレストランが2つあります。中・上級者のパノラマコースを滑る予定だったので、第2クワッドリフト近くにあるセンターハウスレストランでとることにしました。

午前11時30分ごろに店内へ入りましたが、席がいっぱいでした。そう言えば午後12時30分からキッズパーク内で、キティちゃんとシナモンが来ると言っていたので、みんな早く昼食を済ましたかったのかもしれません。そのためか午後12時過ぎにはかなり空きました。イベントがある日は、時間の確認をしてからレストランに入った方がいいかもしれませんね。

現在長野県では、鹿やイノシシなどの食材「ジビエ」を価値ある資源として有効活用する動きがあります。ここヘブンスそのはらでも、ゲレ食グランプリ2016で3種類のソースがかかった鹿の揚肉がのった丼物を出していました。残念ながらゲレ食グランプリ2016は終わってしまいましたが、同じものが販売されていたので食べて見ました。

3種類のソースがかかった鹿肉を食べ比べてみると、特製味噌が一番甘く、ついでソースカツソースは少し酸味があり、昆布醤油はまろやかな味わいでした。ともに鹿肉は想像以上に甘く、柔らかいので食べやすかったです。

午後3時 レストラン ヴァルトで「もーラテぷりん」

もーラテぷりんスキー場から出る前に、ゴンドラ乗り場近くのレストラン「ヴァルト」に寄りました。最終オーダーは午後3時、閉店は午後3時30分と注意が必要です。

さて、3時のティータイムにもーラテぷりん(税込350円)とソフトドリンク(税込200円)を頼みました。味は流石ラテと書いてあるように、コーヒーの苦味がしっかりしていました。その中にも牛乳と生クリームの甘みがあるので、スキーで滑った後の糖分補給には最高です。もちろんソフトドリンクはコーラです。

日帰り温泉 リフレッシュinひるがみの森

ヘブンスそのはら SNOW WORLDのある長野県下伊那郡阿智村は温泉があります。スキーを滑った後は温泉ということで、スキー場近くの昼神温泉にある「リフレッシュinひるがみの森」に行ってきました。

リフト券販売窓口に置いてあるゲレンデマップの裏には、昼神温泉の各施設割引券が付いています。「リフレッシュinひるがみの森」は温水プールと温泉がセットで通常1,000円のところ、500円で入ることができたのでかなりお得でした。水着はさすがに持ってこなかったのでプールに入ることはできませんでした。

温泉は肌に優しいアルカリ性の単純温泉でとても気持ちよく、体の疲れを取ることができました。帰宅してから楽天トラベルで調べてみると、スキーリフト券付き宿泊プランやWinter Night Tour付き宿泊プランがあるので、一度泊まってみたいものです。

感想

名古屋からでも約1時間で行くことができる、「ヘブンスそのはら SNOW WORLD」は、コースが4つと他のスキー場と比べると少ないですが、家族みんなで行くには最適だと思いました。最初のスキー練習にも最適です。

ただ午後になると雪が溶けて、バーンが緩みます。その後日が陰ってくるとアイスバーンになるので、スピートを出さないように十分気をつけて滑る必要があります。

ヘブンスそのはらは日本一の星空が見られる場所でもあるので、現在開催されている「天空の楽園 Winter Night Tour STARS BY NAKED」も見に行きたいですね。

スポンサーリンク